湖西線12×4の謎

カドカワ・エンタテインメント

西村京太郎

2005年11月30日

角川書店

880円(税込)

小説・エッセイ / 新書

日下刑事は、叔父である元刑事・黒田伸行のマンションを訪れた。彼の娘から、父と連絡が取れないと相談を受けたからだ。部屋で日下が目にしたものは、何者かの死体だった!さらに現場には「KOKOKU 12×4」という謎のメッセージが残されていた。十津川警部が捜査に乗り出すが、間もなく黒田の死体が琵琶湖で発見される。現場である湖西へと飛ぶ十津川。やがて第三の死体が発見され…。犯人の目的は?謎の文字は何を意味するのか?点が線へと繋がったとき、予想だにしなかった恐るべき陰謀が浮かび上がるー。謎が謎を呼ぶ不可解な連続殺人に十津川の推理が冴える。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください