中央線に乗っていた男

カドカワ・エンタテインメント

西村京太郎

2009年6月30日

角川書店

838円(税込)

小説・エッセイ / 新書

鑑識技官・新美格の趣味は、通勤電車で乗客を観察しスケッチすることだった。5年間で500人の顔を描き、それが新聞で取り上げられたこともあって、四谷の画廊でスケッチ展が開催されることになった。同僚の個展開催のお祝いに駆けつけた十津川警部は、画廊で落ち合った新見から妙な女性客が訪れたことを聞かされる。彼女は、新見が今年の冬に描いたスケッチの中年男は、その前年の夏にすでに亡くなっている自分の父親だと主張したという。十津川が死んでいるはずの男の身元を調べ始めると…。(「中央線に乗っていた男」)-立ちはだかる数々の難事件。事件の解明のため、十津川警部は日本列島を縦横無尽に駆け巡る!単行本未収録作品2編を含む、十津川警部シリーズ最新短編集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください