とりかえばや鬼語

スニーカーブックス

六道慧

1997年10月31日

角川書店

836円(税込)

ライトノベル

悪霊との縁切りを裏稼業としているカインと摩利、そしてアヅミ&讃良が帰ってきた!今回の依頼主は岩手から来た辛嶋千晴。彼の実家で、たて続けに怪死事件が発生。遺体には無数の穴が開き、その脇には呪術用の人形が置いてあったという。現地に赴いた彼らは背中に千晴の名が書いてある人形を発見。さらにカインに蝦夷の王アテルイの霊が降りてくる。東北にまつわる怨念と、辛嶋家の事件はどうつながるのか。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください