男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の(1)

電撃文庫

時雨沢恵一

2014年1月31日

KADOKAWA

649円(税込)

ライトノベル

僕は高校生にして電撃文庫で作家デビューを果たした。執筆のため1年間休学した後、転入した高校で出会った彼女・似鳥絵里は新人声優でー僕の作品のアニメの出演者だった。僕らは、学園内で自分の仕事を秘密にしているけれど、似鳥はクラスの人気者、僕は一人ぼっち…。そんな僕らが会話を交わす唯一のチャンスは毎週木曜日、アニメのアフレコに向かう特急列車で、隣の席に乗り合わせるときだけー。よりよい演技のためにと、彼女からの作家業についての質問に答えていくうちにーどうしてこうなった?これは、僕が、やがて意識を失うまでの、走馬燈のような、お話。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.55

読みたい

1

未読

5

読書中

0

既読

19

未指定

36

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください