ウェスタディアの双星(8(最終決戦の章))

電撃文庫

小河正岳

2010年12月31日

アスキー・メディアワークス

671円(税込)

ライトノベル

銀河に衝撃を与えた三国同盟の発足。面子を潰されたルフェールは二万の大軍をウェスタディアへと侵攻させる。しかも、名将と名高い提督を二人も付ける力の入れように、同盟側には緊張がはしる。約定を違えることなく、同盟国からは援軍が出撃する。だが、その数を加えても同盟軍は一万三千隻とルフェールの大軍には遠く及ばない数だった。しかも、前線の救援を捨て、同盟軍と合流することを主張するアルファーニにバドエルは反発。バドエルは単身、前線に赴いてしまう。双星が分かれるという異常事態に戦況は混沌を呈してきてー。独立を懸けた最後の戦いの行方は。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください