探偵・日暮旅人の忘れ物

メディアワークス文庫

山口 幸三郎

2011年7月25日

KADOKAWA

627円(税込)

ライトノベル

音、匂い、味、感触、温度、重さ、痛みー。目に見えないモノを“視る”ことができる探偵・日暮旅人は、名字の違う美しい娘・百代灯衣と共に暮らしながら、探し物専門の探偵事務所を営んでいる。そんな旅人を『アニキ』と慕う青年ユキジは、旅人の“過去”を探していた。なぜ旅人は視覚以外の感覚を失ってしまったのかー。旅人とユキジの出会いを描く『雪の道』、旅人の秘められた過去に迫る『夢のぬくもり』ほか全5編を収録した、シリーズ第3弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.95

読みたい

8

未読

13

読書中

0

既読

109

未指定

89

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.9 2019年01月11日

シリーズ3巻。冒頭の短編、ミュージシャンの話が泣ける。続く喫茶店のマスターの話もいい。雪路の過去、灯衣と亀吉を引き取った経緯、旅人との出会い、そして、因縁の白石警部。急ピッチで疾走する物語。続く、で終わるのはなしにしてほしい(^_^;)。次も読もう。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.9 2018年06月27日

シリーズ3巻。冒頭の短編、ミュージシャンの話が泣ける。続く喫茶店のマスターの話もいい。雪路の過去、灯衣と亀吉を引き取った経緯、旅人との出会い、そして、因縁の白石警部。急ピッチで疾走する物語。続く、で終わるのはなしにしてほしい(^_^;)。次も読もう。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください