はじめてのクソゲー

電撃文庫

麻宮楓

2011年9月30日

アスキー・メディアワークス

605円(税込)

ライトノベル

目当ての国民的ゲームが売り切れたその日、何気なく目に入った一本のゲームソフト。それはありとあらゆるバグだらけのクソゲーだったけど、その出会いはまさに運命であり、人生の分岐点とも言え、長く険しい道のりの、記念すべき第一歩だったー。そして、そのゲーム『インフィニット・ダークネス』がきっかけで話し始めたクラス委員長の天野雪緒は、真面目で堅そうな印象なのに、なぜかクソゲーが大好きという女の子だった。彼女に煽られてゲームを進めていくうち、少しずつ彼女との距離も近づいていき、そしてー。ハートフル・バグコメディ、スタート。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください