カムナビ(下)

梅原克文

1999年9月30日

角川書店

2,090円(税込)

小説・エッセイ

謎のヴェールに包まれた邪馬台国の真の姿とは?古代人はなぜ、蛇を神と崇め、円錐形の山を「神の火の山=カムナビ山」と呼んだのか。志津夫は己の運命に抗うために、真相を求めて名古屋、そして奈良県の三輪山へ。その頃、気象庁は各地で原因不明の異常気象を観測、NASAの探査機・ボイジャー2号からも宇宙の異変を示すデータが送られてきた…。ついに「禁断の黙示録」は放たれ、未曾有の危機は最終局面を迎える。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

star
star
1.5

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

10

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください