天の瞳(あすなろ編 2)

灰谷健次郎

2004年1月31日

角川書店

1,650円(税込)

小説・エッセイ

おふみばあさんが亡くなって身の振り方を案じなくてはならなくなったシュウちゃん。幼い頃からの友人だった倫太郎たちは、一緒に学び生きていけるための「学校」を探すことにした。一方、倫太郎とミツルは暴力グループ赤竜隊のボス豪二と話し合い、学校を良くしていくための接点を見出そうとする。倫太郎たちがつるむのでなくお互い自立しながら行動するようになっていくにつれて、先生たちの行動にも変化が出始めた…。いのちの共鳴を描く灰谷健次郎、感動のライフワーク第八弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください