美丘

石田衣良

2006年10月31日

角川書店

1,650円(税込)

小説・エッセイ

美丘、きみは覚えているだろうか。ぼくときみがいっしょに暮らしはじめた八月。あの夏の光と夜のやさしさをー。残された命を見つめ、限りある生を全力が走り抜けた美丘。彼女が生きたことの証として最期を見届ける太一。奇跡のラストシーンに向かって魂を燃焼しつくした恋人たちを描く、号泣の物語。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.63

読みたい

1

未読

3

読書中

0

既読

28

未指定

10

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

ひさだかおり

書店員@精文館書店中島新町店

(無題)

starstarstarstar
4.0
0
2020年01月16日

みんなのレビュー (1)

まてこ

石田衣良といえばコレ

-- 2021年02月19日

私の中では、石田衣良といえばこの作品です。 当時、小中学生だった私は勇気を出してそそくさと図書館で借りて、コソコソと読み進めました。 正直、話題になっているほど良さがわからなかったです。 今はドラマのイメージがすごく強いです。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください