灼夜

永瀬隼介

2008年8月31日

角川書店

1,870円(税込)

小説・エッセイ

成績も柔道もぱっとしない中学生の森本篤は、団地で母と二人暮らし。夏休みを目前に控え、彼は自分の境遇に嫌気がさしていた。その思いがつのり、江戸川近くの神社で仔犬と遊んでいた子供をつい苛めてしまう。翌日も同じ子供を見つけた篤は再び鬱憤を晴らそうとするが、リーホワという中国人の美少女に見つかり殴られる羽目に。だがその夜、リーホワが篤の前に突然現れ、彼が苛めた子供・フェイがいなくなったことを告げたー。在日中国人の誘拐騒動に巻き込まれた中学生・アツシ。マフィアの暗躍、不法滞在者の実態、巧妙な地下銀行の手口…。日本社会に巣くう“底知れぬ闇”を知ったとき、14歳の少年がとった行動とは?中国人裏社会を描破したクライム・ロードノベル。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.25

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください