豆腐小僧双六道中おやすみ

本朝妖怪盛衰録

怪books

京極夏彦

2011年3月31日

角川書店

2,200円(税込)

小説・エッセイ

江戸末期。甲州の裏街道を行く小悪党と鈍感男をトコトコトコと追いかける、あやしい概念がおりました。大頭に襤褸笠を被り、意外や洒落た単衣を纏い、豆腐を載せた円いお盆を頑なに持つ、なんとも間抜けな面構えのこの小僧。人呼んでー。豆腐小僧と申します。立派なお化けになるために、武者修行に旅立ちますが、次々起こる大騒動にいつのまにやら巻き込まれ、なんと小僧はー。果たして小僧の運命や如何に。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

2

未読

8

読書中

1

既読

244

未指定

44

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

ひさだかおり

書店員@精文館書店中島新町店

(無題)

--
0
2020年01月16日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください