マン・イン・ザ・ミラー 「僕」はマイケル・ジャクソンに殺された

サミュエル・サトシ

2019年3月18日

KADOKAWA

1,540円(税込)

小説・エッセイ

マイケル・ジャクソンの「インパーソネーター(=究極のモノマネ)」として過ごす尾藤一斗(びとう・いっと)。同じ志を持つ仲間たちと出会い、不器用に、情熱に満ちた青春時代を駆け抜ける。たゆまぬ努力で得た圧倒的な再現力で、ついには、マイケル・ジャクソン本人の前でパフォーマンスを披露し、「Excellent」と言われる。徹底的にマイケル・ジャクソンに近づこうとする主人公。しかし、評価は常に“自分”にはなく“マイケル”にある。自己とはなんなのか?そして絶対的な存在であったマイケルの死を迎え、「インパーソネーター」が最後に導き出した答えとは…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstarstar 5

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください