おとなりの晴明さん 第七集 ~陰陽師は水の神と歌う~(7)

メディアワークス文庫

仲町 六絵

2020年8月25日

KADOKAWA

693円(税込)

ライトノベル

夏椿が咲き、川に蛍が遊ぶ京都の初夏。地下水脈の乱れを直すため、陰陽師・晴明さんは貴船の水神から課された試練を背負うことに。桃花の心配をよそに、晴明さんは試練を楽しんでいる様子。九州から来た菅原道真公、伏見の稲荷神、そして晴明さんの身に宿った水神の分身・雫龍…神様やあやかしたちと関わるうちに、桃花は自分の気持ちに気づいてー。平安の京から現代京都へ、悠久の歴史が織りなす優しいあやかしファンタジー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

5

未読

2

読書中

0

既読

9

未指定

11

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください