座敷童子の代理人9

メディアワークス文庫

仁科 裕貴

2021年11月25日

KADOKAWA

781円(税込)

ライトノベル

たわわに実る稲穂も色づく豊穣の秋。遠野の老舗旅館「迷家荘」の番頭で小説家の緒方司貴は、交通事故に巻き込まれてしまうー。最愛の人が昏睡状態に陥り、和紗たちが悲嘆に暮れる中、とある場所で赤い着物に身を包んだ「少年」が目を覚ます。そこは伝説の大妖怪・牛鬼が統治する土蜘蛛の里だった!里の勢力争いに巻き込まれ大奔走する少年たち。一方で、陰陽師・久我凪人は女子高生失踪事件で遠野を訪れて…。シリーズ最大級の災難が降りかかる失踪と捜索の第9巻!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.3

読みたい

4

未読

7

読書中

0

既読

14

未指定

23

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください