興国の楯(ソロモン機動作戦)

通商護衛機動艦隊

歴史群像新書

林譲治

2005年5月31日

学研プラス

935円(税込)

小説・エッセイ / 新書

陸軍部隊が俺たちの船団を待っている…。ニューギニアの生命線を護る、通商機動部隊決死の輸送作戦!ニューギニア戦線の状況は、戦う独立行政法人「通商機動部隊」の活躍で日本有利に進んでいた。海上輸送のありがたみを痛感した陸軍は、通称「通商さん」との連携に動きだす。一方、海軍は、戦果を重ねる通商機動部隊に対し焦燥の色を濃くしていた。そんなおり、米海軍が空母ホーネットを中心とする小規模艦隊により、ゲリラ的反撃作戦をしかけてくる。あせる海軍は、またも海軍主導の米機動部隊撃滅作戦を開始。ときを同じくして通商機動部隊もまた、ラビに展開する陸軍部隊への物資輸送作戦を開始していた。通商機動部隊は、米軍の通信暗号資料を入手し、陸海軍との連携作戦を企図するが、海軍は情報参謀の独断でこの資料を黙殺。かくして敵味方それぞれの思惑が錯綜する中、新たな海戦の幕が切って落とされた。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください