燎原の覇者(1)

歴史群像新書

尾山晴紀

2005年10月31日

学研プラス

935円(税込)

小説・エッセイ / 新書

最初の唐入りが失敗に終わった文禄2年(1593)、名護屋で再度の征明を宣言した太閤秀吉により、徳川家康はその先手大将を命じられた。だがその恩賞は、国替え直後の所領・江戸に代わりこの先得るであろう朝鮮3ヶ国を与えるという。先手の誉れとは名ばかりの懲罰であった。渡海を諫めた家康に対する秀吉の意趣返しと大封徳川を疲弊させんとする意図に警戒を抱く諸大名たち。青ざめながらも平伏する家康。だがこの徳川先手こそが、周到に仕組まれた天下転覆の第一歩であった!!日の本40万の兵力が渡海のため名護屋に集結しつつあるその時、京洛で乱世の火蓋が切って落とされた。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください