反風林火山(3)

歴史群像新書

神宮寺元

2007年8月31日

学研プラス

990円(税込)

小説・エッセイ / 新書

信玄を追放し、新たな武田の総大将となった武田義信は、軍師山本勘助の才を得て北条との戦に勝利を収めた。そして、勝頼を養子として送り込み、事実上、今川家を支配下に置く。しかし、武田家の台頭を快く思わない織田信長は徳川家康と同盟を結び、最強の鉄砲軍団を引き連れて甲斐駒場で武田軍と激突する。窮地に陥った武田軍を救ったのは、山本勘助の冴え渡る戦術であった。一方、上杉謙信の監視下に置かれていた信玄は、復活を遂げるべく決死の思いで脱出を試みる。しかし、その背後には、ある陰謀が蠢いていた。怪僧天海が仕掛ける不気味な謀計によって武田家は翻弄され、分裂の危機に陥る。さらに、義信の息の根を止めようと猛攻を仕掛ける信長に、果たして勘助は如何にして立ち向かうのか。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください