興国の楯(謀略!マッカーサー暗殺指令)

通商護衛機動艦隊

歴史群像新書

林譲治

2008年11月30日

学研プラス

990円(税込)

小説・エッセイ / 新書

オーストラリアの対日戦脱落近しという状況のなか、「通商さん」に戦艦ワシントン撃沈を阻止されたイギリスも、ついに独自の対日講和を模索し始める。だがその前に大きな障害が立ちはだかっていた。ニューギニアを足がかりにフィリピン奪還を画策するアメリカ陸軍総司令官、ダグラス・マッカーサーである。要衝ポートモレスビー放棄と防衛線縮小を進めようとする英・豪軍に活を入れるべく、ポートモレスビー視察に燃えるマッカーサー。情報を掴んだ日本陸海軍もただちにポートモレスビー空襲を計画。通商機動部隊も独自に情報収集を開始する。風雲急のその陰で、イギリスはマッカーサー主導の太平洋戦略を頓挫させんとする謀略を画策していた。欺瞞、偽装が渦巻く情報戦のなかで、太平洋の戦いは大きな転換点を迎える。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください