新豊臣戦国志(2)

歴史群像新書

百目鬼涼一郎

2008年11月30日

学研プラス

1,026円(税込)

小説・エッセイ / 新書

天正14年10月25日、天下人・豊臣秀吉は、徳川家康との面談の場で、殺害されてしまう。動揺する豊臣家の跡を襲ったのは、覇王・織田信長の実子で秀吉の養子となっていた、弱冠19歳の貴公子・豊臣秀勝だった。秀勝は、実父・養父に勝るとも劣らない将器を見せ、徳川方の攻勢をしのぐ。それでも家康は、秀勝に豊臣の後継者の座を奪われた秀次をそそのかし、その年の12月24日、京・聚楽第に滞在中の秀勝を襲わせる。わずかな手勢しか持たない秀勝は、たちまち絶体絶命の危機に陥るが、豊臣方の若き天才軍師・大谷吉継らの鮮やかな救援を受け、何とか死地を脱する。しかし、そのときすでに家康は、秀勝ならびに豊臣家を殲滅し天下を獲るべく、伊達、北条と同盟し、さらに再び秀次を利用して新たな陰謀を巡らすのだった…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください