天下争覇(2)

歴史群像新書

河丸裕次郎

2009年4月30日

学研プラス

1,037円(税込)

小説・エッセイ / 新書

豊臣秀頼の元に集った福島正則、加藤清正ら賎ヶ岳の七本槍は秀吉の正妻・高台院の画策により、家康の征夷大将軍就任の勅書を奪い取ることに成功、その後の徳川軍の進撃を洞ヶ峠で食い止め、伏見城を落とす。勝利に沸く豊臣の居城・大坂城には多くの浪人たちが仕官を求めて集まってきた。一方、尾張に逃れた家康は世子・秀忠に援軍を要請、江戸城には関東全域から七万もの軍勢が集結した。そんな折、城内で騒ぎを起こした七本槍が大坂城から追放されてしまう。本気になった家康との、天下をめぐる再激突が迫る中、豊臣軍の思惑とは?本格戦国シミュレーション。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください