戦国の荒鷲(1)

島左近戦記

歴史群像新書

神宮寺元

2009年6月30日

学研プラス

1,026円(税込)

小説・エッセイ / 新書

筒井家の猛将として活躍する島左近は、舞い戻ってきた百地丹波をはじめとする伊賀軍を殲滅するために、激戦の日々を送っていた。ようやく伊賀・大和の内乱も収まり、平和になったはずの筒井家に、ある騒動が勃発する。筒井順慶亡き後、跡目を巡って内粉が起こったのだ。しかし、これを陰で仕掛けていたのは、大和を狙う謀将・徳川家康だった。筒井家の窮地を救うべく、左近は己の忠義をかけて奔走する。その働きによって、天下人である秀吉に見込まれた左近は、ついに大和一国を領する大名に抜擢された。その後、石田三成、直江兼続の二将と運命の出会いを果たした島左近は、豊臣政権を守るために、宿敵徳川家康と天下を分ける戦いに挑むことになる。果たして、天下の趨勢は如何に。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください