明智軍戦記(1)

歴史群像新書

神宮寺元

2010年6月30日

学研パブリッシング

1,026円(税込)

小説・エッセイ / 新書

本能寺で織田信長を倒した明智光秀は、思わぬ苦境に追い込まれていた。共に立つことを約束したはずの筒井順慶が、突然、軍勢を引き返したのだ。主立った他の武将達も、光秀に味方する気配はなかった。しかも、高松城を攻めていた羽柴秀吉が、中国から大返しを行っているという。覚悟を決めた光秀は、未曾有の秘策をもって、山崎で羽柴軍を迎え撃つことを決意する。光秀の命を受け、明智四天王と謳われる斎藤利三、明智秀満、明智秀忠、藤田伝五らが勇躍する。さらに鬼神四天王政孝の死闘によって、ついに羽柴軍は崩壊を始めた。一方、山崎の大戦を知った柴田勝家は、神戸信孝を織田の後継とし、明智光秀にさらなる戦いを挑む。果たして軍神明智光秀は、己の大儀を貫くことができるのか。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください