政宗対信長(上)

天正戴天録

歴史群像新書

坂上天陽

2011年4月30日

学研パブリッシング

1,026円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 新書

天正十五年。織田政権の全国制覇は目前に迫っていた。征夷大将軍・織田信忠は、指揮下に入った伊達政宗とともに奥羽に侵攻。しかし、相馬攻めの途中、味方の裏切りにより信忠は戦死。織田軍は奥羽から撤退を余儀なくされる。将軍戦死の事態に隠居をしていた信長が復帰。叛逆を疑われた政宗には安土への出頭要請が届く。しかし身の潔白を訴えると共に、讒言に惑わされるなら一戦も辞さずとの書状を送りつけ、政宗はこれを拒否。ここに織田政権と伊達家は訣別。信長は、織田家の総力をあげた奥羽侵攻作戦を命じる。狂乱の魔王に挑む政宗に、必勝の策を果たしてあるのか。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください