山本五十六異戦録(2)

歴史群像新書

田中光二

2011年8月31日

学研パブリッシング

1,026円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 新書

空母8隻からなる機動部隊によりハワイ諸島占領に成功した日本軍に対し、アメリカは奪回作戦を発動。対米戦は泥沼化していた。連合艦隊司令長官・山本五十六は、「日英同盟」の復活を構想。それはアメリカと一時休戦し、ドイツに占領されたイギリスを救うべく、遙かヨーロッパまで陸軍10個師団と連合艦隊を派遣するというものだった。“奇想”というべき山本の構想は実現し、編制されたヨーロッパ方面軍はフランス南部に上陸。ナチスドイツとの熾烈な戦いが始まった。だが、日本軍の凄まじい進撃に驚愕したのはドイツだけではなかった…。日本軍の参戦により、欧州に炎と鉄の嵐が吹き荒れる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください