政宗対信長(下)

天正戴天録

歴史群像新書

坂上天陽

2011年7月31日

学研パブリッシング

1,037円(税込)

小説・エッセイ / 新書

天正十六年。奥羽の諸大名との北連を結成し、邦慶親王を鎮守将軍として戴いた伊達政宗。十二万の軍勢を白河口、庄内口、岩城口の三方面に分け、二十五万の織田軍を待ち受ける。兵力差を打開し、北連軍の士気を上げるため、政宗は国境を越えて那須へ侵攻。さらに、越後へ戻った直江兼続が上杉残党を率いて挙兵。佐竹義重も暗躍する。混乱に陥れられた織田軍前線だったが、後方に控える信長の冷静な采配で動揺は鎮まる。そして、圧倒的な兵力差で北連軍を後退させ始めるー。独眼竜と魔王。二人の直接対決で天下の行方が決まる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください