関ケ原流転戦記

大谷吉継の七刻

歴史群像新書

神尾秀

2012年9月25日

学研パブリッシング

1,037円(税込)

小説・エッセイ / 新書

慶長五年。関ヶ原。石田三成は西軍の勝利を確信していた。狼煙を合図に南宮山の毛利勢、松尾山の小早川勢、そして天満山の宇喜多勢が一斉に攻撃すれば、徳川家康を討てるとー。しかし、その勝利を信じているのは三成ただ一人だった。大谷吉継はこの敗戦必至の状況を逆転すべく、盟友・三成には何も告げず、西軍勝利のための策を発動させた!一刻ごとに変化する各陣地の様子を詳細に描く、リアルタイムシミュレーション。ここに新しい関ヶ原の合戦が現出する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください