黎明の艦隊(4)

学研M文庫

檀良彦

2002年7月31日

学研プラス

704円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

中部太平洋海空戦で大敗を喫し、大打撃を受けた米海軍空母部隊は、日本本土を急襲すべくドーリットル爆撃隊を出撃させる。これを迎え撃った小沢提督は、ハルゼー空母部隊を追って怒涛の逆襲を開始した。さらに日本航空機動部隊は、ミッドウェーを壊滅すべく「だるま落とし作戦」を決行する。それは太平洋における日米両軍対決の図式を描いた、米空母包囲殱滅作戦だった。いま『新八八機動艦隊』が太平洋を所狭しと暴れ回り、米航空基地を完膚なきまでに粉砕する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください