情け川、菊の雨

ふろしき同心御用帳

学研M文庫

井川香四郎

2005年9月30日

学研プラス

680円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

江戸の大店や札差の蔵が正体不明の盗賊たちによって荒らされる事件が連続しておきた。不可解なことに、賊たちは蔵の鍵を開けたり壊したりという痕跡を残さず、千両箱の中身だけを盗んでいった。行人坂にある煎餅屋が怪しいと睨んだ、南町奉行所の定廻り筆頭同心の近藤信吾だったが…。奉行所に出仕するのが大嫌いな、法螺吹き同心の軽妙な人情裁きが冴えわたる書き下ろし好評シリーズ第二弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください