裁いて候

深川素浪人生業帖

学研M文庫

牧秀彦

2007年7月31日

学研プラス

680円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

越後村松藩の留守居役次席を務める父・石神重兵衛と兄の清人が、何者かによって暗殺された。石神武人は父兄の仇が徒目付の羽田軍八であることを突き止め、見事に仇討ちを果たす。しかし、本当の黒幕は別にいた。家を捨て、最愛の妻と離別し、真の仇敵を追い求める武人は、深川で出会った二人の仲間ー稀代の剣豪にて素浪人の大垣一平と凄腕の渡世人・辰次と共に、用心棒を生業としながら生きていくことを決意する。だが、そこには新たな真実が隠されていた。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください