鋼鉄のガルーダ

八八艦隊外伝

学研M文庫

横山信義

2007年12月31日

学研プラス

733円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

昭和15年2月、今後各国が建造すると予想される超八八艦隊計画戦艦に対する急降下爆撃試験は完全な失敗に終わった。航空機で戦艦は沈められないー海軍部内で艦攻・艦爆不要論が囁かれる中、“艦爆の神様”江草隆繁少佐率いる精鋭艦爆隊は、陸軍南方作戦支援のための対地攻撃任務に最後の活路を見出した。胴体下に対戦車機銃ポッドを装備し、和製“カノーネンフォーゲル”へと生まれ変わった九九艦爆を駆る「傭兵艦爆隊」の壮絶なる戦歴。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください