しぐれ月

奈落の銀次始末帖

学研M文庫

本庄慧一郎

2009年12月31日

学研パブリッシング

691円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

日本橋堺町の芝居小屋・中村座で奈落番として働く銀次。元は郡上藩の侍だったが、百姓騒動に絡んで同僚を斬り出府した。追っ手を逃れ、ひっそり生活(くら)す銀次のもとへ、上州上田の百姓一揆で江戸に逃げ込んだ兄妹を刺客から救う依頼がきた。それを引き受けた銀次だが、隙を衝かれ妹が拉致され、兄も罠に陥る。銀次は上田藩浪人・相良伝蔵の助力を得て、裏に潜む巨悪を炙り出すのだが…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください