日中アジア大戦

弾道ミサイルを迎撃せよ

学研M文庫

喜安幸夫

2013年2月28日

学研パブリッシング

754円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

平成27年、北朝鮮が日本への核ミサイル発射を宣言した。だが、防衛省の技本が民間と密かに共同開発を進めている新MD(ミサイル防衛)システム「雷神」は未だ実用段階になく、迎撃ミサイルPAC-3のほか、イージス艦やヘリコプター護衛艦に戦闘ヘリAH-64Dを載せて出航させる。中国の動向を窺うアメリカが日米安保の発動に及び腰のなか、遂に日本政府はミサイルのブースト段階で北朝鮮のミサイル基地を攻撃すると宣告するが…。一方、三隻目の空母を就役させた中国は、“民族の大業”達成に動き始めた。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください