父子の峠

日暮し同心始末帖

学研M文庫

辻堂魁

2015年2月10日

学研パブリッシング

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

年の瀬、騙りに遭った老夫婦が自裁した。代理の定町廻りを命ぜられ、掛となった日暮龍平が探索にあたり、若い猿引き夫婦を捕縛する。夫の作造は年内に斬首となり、妻のお楽は病身のため無罪放免とされた。ひとり故郷に戻ったお楽は、義父で育ての親である重右衛門に事の一切を告白する。誇り高き山の民である重右衛門は、息子の斬首に納得がいかず江戸に向かう。そして報復を誓い、龍平の息子・俊太郎を拐かすが…。好評シリーズ第七弾!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください