アインシュタインを超える

超弦理論が語る宇宙の姿

ブル-バックス

ミチオ・カク / ジェニファ-・トレイナ-

1988年1月1日

講談社

854円(税込)

科学・技術 / 新書

アインシュタインがついに果たせなかった夢-統一場理論を、今、超弦理論が実現しようとしている。この理論によれば、もともとの宇宙は現在の4次元ではなく、10次元であった。しかし不安定なため、2つのかけらに割れて、小さな4次元宇宙(われわれの宇宙)がほかの6次元宇宙からはげ落ちた。そして、この分裂があまりに激しかったために、ビッグ・バンと呼ばれる大爆発が起きたという。とすると、われわれの宇宙と共存する「姉妹宇宙」が、存在することにもなる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar 4

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください