幕末遣外使節物語

夷狄の国へ

講談社学術文庫

尾佐竹猛

1989年12月31日

講談社

1,056円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

メリケンは1万里の外なり、君命を耻しむれば神洲の耻辱ならん。万延元年、初めて海を越えアメリカに赴いた新見豊前守一行は、汽車に驚きダンスに呆れ、歓迎のキッスに慌てながらも意気軒昂であった。サムライたちの見た西洋を、航海日誌や新聞記事を自在に駆使して描き出した本書は、憲政史の泰斗が一流の諧謔をもって世に問うた異色の幕末史である。他に池田、竹内、徳川の3遣欧使節の物語を収める。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください