一日一禅

講談社学術文庫

秋月 龍ミン

2003年5月31日

講談社

1,441円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

明鏡止水、照顧脚下、松に問え菊に聴け、独坐大雄峰。禅者が自らの存在をその一句に賭けた禅語。それは幾百年にわたり、師から弟子へと伝えられ続けた禅の精髄である。詩境を心ゆくまで味わう雅趣豊かな句から、命がけの修行の果てに吐き出された血のにじむ句まで。一日一句、僧堂を訪わずして参禅できるよう配された、含蓄豊かな紙上公案・解説集。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstarstar 5

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

2

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Takamisenseki

(無題)

starstarstarstarstar 5.0 2018年12月05日

様々な風土の禅を嗜むことが可能な内容構成。秋月氏は、読み手側にも問答を挑んでくる。読み手側を具の根も出ないまでにコテンパンに立ち直れないように…。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください