琵琶湖周航殺人歌

長編本格推理

講談社ノベルス

内田康夫

1990年1月1日

講談社

789円(税込)

小説・エッセイ / 新書

湖面に臨む高級リゾートホテルでの、老人の物悲しい独唱が、恐ろしい連続殺人の発端だった。「琵琶湖の水を守る会」のリーダーが密室で殺され、美しき未亡人への疑惑が深まる。しかし東岸と西岸で同時刻に、第2第3の殺人が起こり、「殺人歌」に秘められた衝撃の過去が浮かびあがる。浅見光彦の鮮やかな推理。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください