46番目の密室

新本格推理

講談社ノベルス

有栖川有栖

1992年3月31日

講談社

811円(税込)

小説・エッセイ / 新書

45の密室トリックを発表、日本のディクスン・カーと呼ばれる真壁聖一が殺された。密室と化した地下の書庫の暖炉に上半身を押しこまれた上、火をかけられるという無惨な姿であった。彼は自ら考え出した46番目の密室トリックで殺された。推理作家、有栖川有栖と気鋭の“臨床犯罪学者”火村英生の痛快コンビ誕生。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.6

読みたい

1

未読

1

読書中

1

既読

21

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.2 2019年01月22日

昔は刺さらなかった言葉が今刺さったり。 つまり読書スキルというか、私が年取ったということか。 いつ読んでも火村先生はステキということで。 トリックは途中で思い出した。 犯人は登場時に思い出した。 動機は最後まで思い出せなかった。 再読して、「あ、あぁ」みたいな感じだったな。これにも虹がかけてあるわけか。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください