どちらかが彼女を殺した

講談社ノベルス

東野圭吾

1996年6月5日

講談社

858円(税込)

小説・エッセイ / 新書

自殺の偽装を施され最愛の妹を殺害された愛知県警豊橋署に勤務する和泉康正は、“現場検証”の結果、二人の容疑者を割り出す。ひとりは妹の親友。もうひとりはかつての恋人。康正は“復讐”のために懸命に真犯人に肉迫するが、その前に練馬署の加賀刑事が立ちはだかる。二人の警察官の“推理の攻防”の結末やいかに。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(11

starstarstarstar
star
4.15

読みたい

6

未読

0

読書中

0

既読

72

未指定

11

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

ようざん

(無題)

starstarstarstar 4.0 2020年04月17日

最初から二人の容疑者しか出て来ない中最後まで犯人をわからせない、この大胆不適さがさすがだと思う。

全部を表示

toyo

starstarstarstarstar 5.0 2020年01月27日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください