絡新婦の理

講談社ノベルス

京極夏彦

1996年11月30日

講談社

1,694円(税込)

小説・エッセイ / 新書

「私の情夫だから」、これは男にとって女に言われる最上の言葉だが、大概の男は、一生に一度もこの台詞を聞くことは無い。何故なら、この台詞を吐き出す女こそ、性悪な女だからだ。そして性悪女の美しさを、大概の人は知らない。彼女達が、どれほど恠しい女なのか。この作品は、それを教えてくれる。-『絡新婦の理』には、主題はあるがメロディーはない。登場人物は、全てパートであり、それらが実に巧みにアンサンブルしている。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstarstar
star
4.3

読みたい

2

未読

6

読書中

2

既読

113

未指定

104

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください