十津川警部五稜郭殺人事件

講談社ノベルス

西村京太郎

2004年12月31日

講談社

806円(税込)

小説・エッセイ / 新書

親会社に反旗を翻し、函館に新会社を起こそうとする若手IT技術者たち。彼らは、自らを「函館新撰組」と名乗っていたが、設立寸前に、中心人物の一人・近藤英輔が死体となって発見される。仲間に、土方歳三と呼ばれていた彼は、〈ゴリョウカクト〉の文字を、ダイイングメッセージとして遺していた。果たして、十津川は、その意味を、そして真相を解き明かせるか。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください