祈りの虚月

講談社ノベルス

高里椎奈

2013年5月31日

講談社

924円(税込)

小説・エッセイ / 新書

聖アステール女学院には、秘密の言い伝えがあった。「神無月の夜、虚月の下で儀式を行うと願いが叶う」虚月の深夜、校舎に忍び込んだ高校生たちは儀式を行うため、暗号めいた名を持つ「三つの鍵」-「叡智」「願い」「信頼」を探しはじめる。それぞれが心に秘めていた願いとは?そして彼女たちに降りかかる不可思議な事件とは?高里椎奈が多感な少女たちを描く学園ファンタジー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

1

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar 3.0

登場人物の把握に少し時間がかかった。 修道院を参考にした校舎がある女子校での、夜中の冒険。 高里さんらしい空気が漂っていて、後半は謎が解けて行くにしたがって、少女ひとりひとりの心の葛藤も解けて行く。誰もが子どもの頃は抱えている不安なんだけどね。 謎解き兼、成長物語?かな。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください