占星術殺人事件

講談社文庫

島田荘司

1987年7月1日

講談社

785円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

怪事件は、ひとりの画家の遺書から始まった。その内容は、6人の処女から肉体各部をとり、星座に合わせて新しい人体を合成する、というもの。画家は密室で殺された。そして1カ月後には、6人の若い女性が行方不明のあげくバラバラ死体となって…。奇想天外の構想、トリックで名探偵御手洗潔をデビューさせた、衝撃的傑作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(16

starstarstar
star
3.66

読みたい

8

未読

15

読書中

0

既読

113

未指定

93

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (3)

Readeeユーザー

 

starstarstar
star
3.9 2021年06月02日

挑戦されて、あの人が犯人かな…と 目星はつけられたけれど、トリックはサッパリ。 登場人物の会話のテンポがすごく自分好み。 御手洗のキャラクターも良い。 続けて「斜め屋敷」も読んだ。面白かった。

全部を表示

taboke

(無題)

starstarstar
star
3.3 2020年02月05日

はじめての島田荘司。面白い。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

star
0.5 2019年11月30日

出だしが嫌というか文章が読み辛くリタイア。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください