写楽殺人事件

講談社文庫

高橋 克彦

1986年7月31日

講談社

649円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

謎の絵師といわれた東洲斎写楽は、一体何者だったか。後世の美術史家はこの謎に没頭する。大学助手の津田も、ふとしたことからヒントを得て写楽の実体に肉迫する。そして或る結論にたどりつくのだが、現実の世界では彼の周辺に連続殺人が起きていてー。浮世絵への見識を豊富に盛りこんだ、第29回江戸川乱歩賞受賞の本格推理作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(8

starstarstar
star
3.18

読みたい

10

未読

11

読書中

2

既読

44

未指定

56

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstar
star
2.3 2018年11月05日

浮世絵をモチーフにした推理小説は、高橋克彦が文壇に登場するまで存在しなかった。したがって、新たな分野を切り開いた推理小説として、江戸川乱歩賞の受賞も納得できるところだ。しかしながら、一読者として素直な感想を述べるなら、私にとっては浮世絵に関する記述は重すぎる。それがミステリーの伏線になっているのだから、読み飛ばすわけにもいかず、辛いところだ。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください