わが恋(おも)う人は(上)

講談社文庫

遠藤周作

1990年4月30日

講談社

492円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

霧の軽井沢で雑誌記者秋月美子がめぐり合った男は、豊臣秀吉の家臣小西行長の子孫だった。戦国のならいによって夫との仲を裂かれた行長の娘たえは、別離に際して男女の雛人形を夫と分けあったという。女雛に託された悲しみと呪いが、400年の時を越えて現代に甦える恐怖の物語。サスペンス大作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください