名もなき道を(下)

講談社文庫

高橋治

1991年10月1日

講談社

607円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

死んでしまった教え子槙山の孤独に見えた人生に苑子という女性がいた。四高、東北大学時代の奇行学生をようやく理解した恩師吉松は、槙山の7回忌で同級生たちから新たな槙山像を知る。戦中戦後を流されないで生きた1人の男の生涯を、絶妙の筆致で描き切った名作長篇。第1回柴田錬三郎賞受賞作品。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください