人形館の殺人

講談社文庫

綾辻行人

1993年5月31日

講談社

691円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

亡父が残した京都の邸「人形館」に飛龍想一が移り住んだその時から、驚倒のドラマが開始した。邸には父の遺産というべき妖しい人形たちが陣取り、近所では通り魔殺人が続発する。やがて想一自身にも姿なき殺人者がしのび寄る。名探偵島田潔と謎の建築家中村青司との組合せが生む館シリーズ最大の戦慄。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(17

starstarstar
star
3.48

読みたい

2

未読

32

読書中

1

既読

176

未指定

83

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください