頼子のために

講談社文庫

法月綸太郎

1993年5月15日

講談社

649円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「頼子が死んだ」。十七歳の愛娘を殺された父親は、通り魔事件で片づけようとする警察に疑念を抱き、ひそかに犯人をつきとめて相手を刺殺、自らは死を選ぶー、という手記を残していた。手記を読んだ名探偵法月綸太郎が、事件の真相解明にのりだすと、やがて驚愕の展開が。精緻構成が冴える野心作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(9

starstarstar
star
3.99

読みたい

5

未読

11

読書中

0

既読

61

未指定

29

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

法月綸太郎「頼子のために」

--
0
2019年12月20日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください