探偵映画

講談社文庫

我孫子 武丸 / 新保 博久

1994年7月7日

講談社

770円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

映画界の鬼才・大柳登志蔵が映画の撮影中に謎の失踪をとげた。すでにラッシュも完成し、予告篇も流れている。しかし、結末がどうなるのか監督自身しか知らないのだ。残されたスタッフは、撮影済みのシーンからスクリーン上の犯人を推理していく…。『探偵映画』というタイトルの映画をめぐる本格推理小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstarstar 4

読みたい

5

未読

10

読書中

1

既読

27

未指定

14

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (3)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.8 2019年01月12日

殺人事件は起きるけど、それは映画の中の話。探偵はいるが、謎は解かない。失踪者は出るが、それはあまり事件とは関係ない。探偵映画という小説。映画ファンに贈る小説。トリックはあるが、しっかり伏線は張られている。さすがの我孫子武丸です。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.8 2019年01月12日

殺人事件は起きるけど、それは映画の中の話。探偵はいるが、謎は解かない。失踪者は出るが、それはあまり事件とは関係ない。探偵映画という小説。映画ファンに贈る小説。トリックはあるが、しっかり伏線は張られている。さすがの我孫子武丸です。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.8 2018年11月02日

殺人事件は起きるけど、それは映画の中の話。探偵はいるが、謎は解かない。失踪者は出るが、それはあまり事件とは関係ない。探偵映画という小説。映画ファンに贈る小説。トリックはあるが、しっかり伏線は張られている。さすがの我孫子武丸です。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください